素直なジルちゃん

梵天くんは受付カウンターの奥の部屋が大好きです。

特に私が中で暫く仕事をしていると気になるようで、

扉を開けた途端ダッシュで入ってしまいます。

 

一番多いのはご飯の支度をしている時です。

「お待たせ~ビックリマーク」と出てくるとサッDASH!と入ってしまうんですあせる

何度叱っても言う事を聞きませんえー?

なので最近は中に入れたままドアをバタンと閉めて、

他の子にご飯をやり終えてから開けてあげるようにしています。

するとドアの前で待っていて一目散に自分の部屋へ入りご飯をねだってきますもぐもぐ

 

いい加減、中に入らない方が早くご飯にありつけると分かって欲しいのですが。。。ぼけー

 

昨日もそのパターンでした。

ところが昨日は、ジルちゃんも一緒に入ってしましました叫び

でも、いつものように対応し、ジルちゃんも変わった様子はありませんでした。

 

 

ところが、

 

暫くして、ジルちゃんのお部屋の前へ行くと

いつも以上に甘えてくるジルちゃん三毛猫

お部屋から手を出し「こっち来て~チュー」とアピール

 

やっぱり不安だったのか

私に怒られたのがショックだったのか。。。

 

そんな事くらいで嫌いになんかならないよ~ラブ

と、思いっきりナデナデおいで

「可愛いドキドキ可愛いドキドキ」を連呼

本当になんて可愛い子なんだ~ラブラブ

 

その上で梵天が

「バカじゃね こいつが怒っても怖くねぇのにグラサン

って感じです。

 

ジルちゃんが素直なのか

それとも子猫だからなのか

 

どちらにしても、このままのジルちゃんでいて欲しいなぁラブ

 

 

幸せそうに寝ています💕