愛ちゃんとロシブルミックス3頭卒業

ペルシャの愛ちゃんが昨日卒業しました笑い泣き

 

 

ず~っと前から問い合わせは頂いていたのですが、

なかなかお店に来れずにいた方ですあせる

 

あまりにも色々あるので、失礼ながら

「大丈夫かなぁうーん

と、思ったほどてへぺろ

 

 

でも、実際お会いしたその方は、見るからにいい人って感じでしたニコニコ

 

ずっと愛ちゃんを好きだったラブラブ

と、いう事は伝わってきました

 

 

 

 

 

私は愛ちゃんが大好きでしたハート

いつも甘えにくる訳じゃないけど、いざ甘えるとなるとスリスリデレデレ可愛くて仕方ないんですラブ

 

正にツンデレです爆笑

 

猫らしい猫という事でしょう

 

 

販売したくないぐすん

このままいてくれたら・・・

 

って思っていましたウシシ

 

でも、そんな事言ってたらドンドン増えていってしまいますゲラゲラ

 

きっとお店にいるより幸せがあるって自分に言い聞かせていました

 

 

私は愛ちゃんを抱っこして「今までありがとうラブラブ幸せになれるからねウインク

と言って、連れて帰るBOXに入れました

 

私の顔をキョトンとした目で見ていた愛ちゃん

BOXの中でも一切泣きません

 

 

するとダッシュでBOXまで来た子が

 

 

 

 

お母さんのラブちゃんです泣

 

凄く心配そうにBOXをクンクン

見ていて辛くなりましたえーん

 

恋くんの時はこんな風にならなかったので、ラブちゃんは大丈夫と思っていました

 

でも、愛ちゃんが居なくなってからも、ウロウロ探し続けるラブちゃんえーん

 

 

お部屋に入れてご飯をあげても、いつもならガツガツ食べだすのに暫く食べないラブちゃんガーン

 

やっと食べだしたと思ったら振り返り振り返り赤ちゃん泣き

まるで愛ちゃんが部屋にいないか確かめているようでした

 

 

もしかしたら、もう親子関係というより友達というか親友のような関係になっていたのかもしれません

 

「淋しいね~ぐすん

と、慰め合う私とラブちゃん

 

 

 

そして、今日お店に来てみると

 

 

そこにはいつもと変わらないラブちゃんが

 

「そうだね~ひらめき電球

いつまでも引きずってちゃダメだよねウインク

 

 

こんな風に思っている時ほど、当の愛ちゃんは直ぐに慣れて元気だったりするんですよね~笑

 

 

 

 

そして3頭のロシアンブルーと雑種のミックスちゃん

 

その愛ちゃんを選んでくださった方が、一緒に連れて帰ってくれましたびっくり

 

 

かなり長い事悩んでいらっしゃいましたが、結局3頭

 

小さくて可愛いリンゴちゃんりんご

 

ロシアンブルー色が綺麗なスミレちゃんあじさい

 

そして、じ~っと見つめてくれたから

という理由でリーフくんクローバー

 

 

みんなで幸せになってね~愛飛び出すハート

 

 

 

最後に

ピンクハート愛ちゃん写真館ピンクハート

 

生まれた時は93gでした(たぶん向かって右側)

 

 

5月26日「目が開いたよ~」

 

 

6月13日「勝手にお店デビュー」

 

 

10月27日「お兄ちゃんと一緒さくらんぼ

これが恋くんと一緒に撮った最後の写真です。

いつも一緒でした

 

 

2月9日「ママと一緒さくらんぼ

恋くんが居なくなった後は、いつもラブママと一緒でした

 

 

 

か、か、可愛い~チュー