待っててね

いつも夜は猫たちがお部屋に入りやすいようにと、

朝、掃除がしやすいようにベッドを重ねたり、色々な物を隅に押しやったりして帰ります。

 

そして、掃除の時。

猫たちの各お部屋を掃除し終わると、まずベッドをいつもの場所へ戻します。

そのベッドをいつも待っている子がいます。

スコティッシュのつばさくん

 

共同トイレから一番離れたゲージの3階に置いているベッドがお気に入りです。

 

そこはつばさくんのお部屋だからなのかもしれません。

お部屋へ上がる為の階段をゲージの前へ持ってくると、

サッとやってきてベッドのある自分の部屋へ入ろうとします。

 

ところが

 

今日はベッドを置く事が出来ませんガーン

 

隅に重ねたベッドにあの大御所まりちゃんが寝ていたんですぐぅぐぅ

 

(キングくんがあんまり可愛く写っていたので、一緒に載せちゃいましたウシシ

 

風邪をひいて鼻が詰まっているまりちゃんが、とても気持ち良さそうに寝ていますzzz

 

夜、眠れなかったのかなぁと思うと、起せません

 

ここは、つばさくんに我慢してもらうしかありません。

「ごめんね。今、まりちゃんが寝てるからもう少し待ってね」

と言ってナデナデしてあげましたおいで

 

それでも不満そうなつばさくんですムキー

ちょっと拗ねてる!?