呼び名

先日のブログでちょっと触れましたが、猫たちの中には私がふざけて呼ぶ、

「呼び名」がある子がいます。

 

たま~にお客さんのいるとろこでもポロッと出てしまっているので、

ご存知の方もいると思いますが、今日はこっそり教えちゃいますウインク

(こんなに勿体付けて教えられても嬉しくないと思いますがてへぺろ

 

まず、普通の呼び名

蘭丸→蘭ちゃん

梵天→梵ちゃん、ボンボン

つばさ→つばたん

紡→(ご存知)ツムツム(普通じゃないですかね~爆  笑

ジル→ジルリン

もち吉→もっちゃん

 

 

ちょっと変わったもの

チャ子→おチャ子ちゃん

悟空→ごくちゃん(間の「う」が抜ける)

ミルク→ミルクちゃん(イントネーションが普通と違う)

イチゴ→イチゴン

クルル→クルルんぱ(結構気に入っていてよく使う)

ぱるる→ぱるちゃん、ぱるるんぱ(↑クルルの流れで)

ちなみにジルちゃんも時々「ジルるんぱ」って言っちゃう(笑)

 

この変わった呼び名、全く意味がなく、自然と出てきたものなんです。

自分でも思うのですが私って変わり者ですよね~ウシシ

 

 

そして全く呼び名が無い子も

まり

ゆり

小菊

あんず

この5頭、「ちゃん」になったり「さん」になったりと、いうのはありますが、

大きくは変わりません。

全く意識はしていなかったのですが

こうして、よ~く見ると目共通点が・・・

 

 

恐れ多い子たちだったんです叫び