ブルーくんとハッチくん

とうとうブルーくんとハッチくんが卒業する事になりました拍手

3日が最後のお仕事です。

 

 

ブルーくんは、時々お値段を聞かれたり「欲しいなぁ」なんて言われていましたが、ハッチくんは目立たないのか、

一度も言われた事はありませんでしたショボーン

ちょっと人見知りのところがあります。

 

ブルーくん、マロくんは私にもミャアミャア言って甘えてきますがハッチくんは全く来てくれませんでした。

冷めた子なのかなぁって思っていました。

 

そのハッチくんを病院へ連れて行った事があります病院

ブルーくんやマロくんはお留守番。

ハッチくんだけです。

 

キャリーバッグに入れた途端に騒ぎますうずまき

 

それもミャアミャアという感じではなく、ギャアギャアという感じ叫び

時々パニックを起こしているんじゃないかと思う程激しいものでした。

 

ホワイト軍団をブリーダーさんのところから連れて来た時、ハッチくんは殆ど鳴いていませんでした。

その時は一番大人しい子だと思っていました。

でも、違っていたんですね。

他の子が一緒だったから、何とか大人しくしていられたのでしょう。

 

 

その病院の一件があって、私の中でハッチくんとブルーくんのセット売り大作戦ビックリマークが密かに決行されましたウシシ

 

 

今回のお話は最初にブルーくんが欲しいというものでした。

 

それからハッチくんとの仲の良さを大アピールラブラブ

セット価格を打ち出し、何とか一緒に引き取って頂く事になりましたグッド!

 

新しい飼い主様は、とても猫好きのようで、割とすんなりセットである事を受け入れて下さいました。

 

良かった~ニコニコ

 

これからも二人、ずっと一緒です音譜

 

さぁ今度はマロくんが幸せになる番だねウインク

 

あっ!!

まだ上にいたんだてへぺろ

 

最近になって私にくっついてき出したハッチくん。

なんで今頃!? 別れが辛くなるじゃないか~えーん

 

一緒に幸せになってね~ドキドキ