サンタくんのその後

サンタくんが卒業して一週間

 

 

実は卒業した次の日、飼い主さんに用事がありお電話しました電話

その時に「サンタくんってシャイなんですね。」と言われました

 

「えっビックリマーク そんな子じゃないけど・・・」

「ベッドの下から出てこないんです」

 

ビックリですびっくり

 

 

うちに来た時は全く動じず、一人でウロウロしていました。

今のサンタくんに比べると少し緊張していたように思いますが、淡々と過ごしたいたようでした。

 

だから、その辺の心配は全くしていなかったんです。

 

なのに

 

 

今までは猫がたくさんいた環境だったので、全く違う環境で不安だったのかもしれません。

 

新しい飼い主さんがサンタくんの事を大事に思ってくれているのが分っていたので、そんなに長くかからないうちに慣れるだろうと思っていました。

 

ただ心配なのはオシッコ

 

慣れない環境だと我慢してしまうんですショボーン

サンタくんの病気には我慢が一番ダメ

 

心配のあまりお休みの昨日、またお電話してしまいました電話

 

 

そこで思いもよらない言葉が

 

 

「飼う事が出来なくなった」

 

というものでしたガーン

 

そして、その日のうちに帰ってくる事になり、

淋しかった私は病気の事も考えずに不謹慎にも喜んでしまいましたてへぺろ

 

 

 

 

帰って来たサンタくんは、まずお店の中を確認

そして、猫たちに挨拶

最後に私のところに来て甘えてくれました

「サンタお帰り」

 

病気の事も考えなくてはいけないのですが、今はゆっくり自由にストレスなく過ごして欲しいと思っています。

 

 

 

撮ろうとすると必ずこちらに近寄ってくるサンタくんしょんぼり

もっとカッコいいとこ撮りたいよ~えーん

 

 

お尻ポンポンのついでに復帰を記念して仲良く自撮りカメラ