ゆりちゃん

今日は、悲しいお知らせです。

 

ノルウェジャンフォレストキャットのゆりちゃんが6月7日㈰に永眠致しました。

 

かなり前から痩せてきていて、病院で心臓が悪いと言われていました。

 

それでも、ゆりちゃんは私やお客さんに弱いところを見せず、

いつも通りお客さんに挨拶したり、甘えたり・・・

 

 

 

 

ゆりちゃんがやって来たのは2017年の5月。

それまでにもノルウェージャンはいたし、美人さんもいました。

でもゆりちゃんは美人な上に気品のある子でした。

 

2017年5月撮影

 

 

私は直ぐにゆりちゃんの事が好きになりました。

 

でも、ゆりちゃんがやって来たのは7歳、もうすぐ8歳になるという頃。

新しい環境に戸惑っているのか、私にはあまり懐かず、一線引いているように思いました。

 

それが、お部屋を無くして、まりちゃんと一緒に自由にしてから、

少しずつ、本当に少しずつ私に懐いてくれるようになりました。

 

最近では、必ず送り迎えをしてくれるようになっていました。

亡くなる朝も、私がお店にやってくると、ゆっくり私の方にやってきてお迎えをしてくれていました。

 

最後の最後まで、猫らしく、しっかりと生き抜いたゆりちゃん。

 

今は寂しくて、悲しくて仕方ありませんが、ゆりちゃんはみなさんに沢山愛してもらって、きっと幸せだったと思います。

だから絶対に空からお店を見ていると思っています。

 

 

この悲しみを乗り越え、「花よりにゃんこ」は5年目に突入します。

どうか、これからもよろしくお願いします。

 

 

来たばかりの頃の、こんなにフッサフサ

 

最近はだいぶ毛も細くなり少なくなっていました。

 

それでも初めてのお客様には

「フサフサでゴージャスですね」と言ってもらっていました。