ゆりさんの気持ち

ノルウェージャンのゆりちゃん

 

当店の最年長さんキラキラ

 

来た当初はお部屋に入って頂いていましたが、

「私をこんなところに入れるなんてムキー」って顔をされたので、

まりちゃんと一緒に自由にしてもらっていますウシシ

 

ところが最近ご飯の準備を始めると、あるお部屋に入って待っているんです。

 

 

 

そのお部屋は

 

 

あんずさんの部屋

 

「ゆりちゃん出てね~」

と、何度行っても出てくれません。

お部屋に入ろうとする、あんずさんもゆりちゃんには文句を言えずウロウロうずまき

仕方なく、無理に出そうとすると

「仕方ないわね~」と、いった感じで出てくれます。

 

それが最近は毎日ショボーン

 

そして、朝は朝で、あんずちゃんが部屋から出た途端にまたまたお部屋に入ってしまいます。

 

そんなにお部屋に入りたいのかと思い、今は空いているあんずちゃんの隣の部屋へご飯を置いて、

「ゆりちゃん、ここにご飯置いたよ~」と、言っても無視ガーン

 

あんずちゃんのお部屋と同じ仕様にしてみてもダメぐすん

 

どうやら、ゆりちゃんはあんずちゃんの部屋がいいようです。

 

でも、そうなると、今度はあんずさんが「意地でも渡さないわよ」って感じになるんです。

 

猫の世界も面白い爆  笑