ぱるる

何から書いたらいいのか。。。

 

 

今日は、土曜日にも関わらず、こちらの都合で15:00閉店となりました。

 

その都合とは、ぱるるを病院へ連れて行く為でした。

 

私がお店に来た時から全く起きないぱるる

 

ただならぬ事を感じた私は、夕方の診療に連れて行こうと、15:00閉店を決めました。

 

でも、その時にはもう察していました。

ぱるるがこの世からいなくなる事を

 

ただ、痛みや苦しみがあるのなら取ってあげたい

という思いでした。

 

そして、お店を閉める少し前

ふと、ぱるるを見ると

 

もう息はしていませんでした。

 

 

 

私にとってぱるるは特別な存在でした。

ただ単に「一番好き」というのとは違うような気がします。

 

精神的な支えになってくれていました。

何がそうさせていたのか

言葉で表すのは、とても難しく、本当に「何となく」

という言葉がピッタリな感じです。

 

 

 

「もう何も出来ない」と思いながら、ずっとぱるるを抱き抱えていた私は、いつも間にか眠ってしまっていました。

ふと目を覚ますと、ダッシュでやってくるクルル。

自分の顔を私の顔に近づけて、まるでキスするかのような態度。

そして、私の体に乗ってきました。

 

今までそんな事をした事がありません。

クルルには私の精神状態が分かったのかな?

と思ったり。。。

 

そう、

私には、ぱるるだけじゃなく、他にも沢山の子供たちがいます。

クヨクヨなんてしていられません。

 

ぱるると一緒に頑張ってきたこの店を、今度は今いる子たちと

もっと、もっと大きくしていかなくてはいけないと

思っています。

 

 

でも、時々は泣いてしまうんでしょうね

それは時間しか解決してくれないんだと思っています。

もし、私がクヨクヨしていたら喝を入れて下さいね。

 

この瞳で見つめられるとメロメロでしたラブ

 

最近は珍しくなった、肩もみぱるる

 

ぱるるはゆりちゃんが大好きでした

猛アタックの結果、ゆりちゃんにも受け入れられるようになって。。。

きっと今頃は、楽しくやっているのでしょう

 

 

 

私が一番好きな写真です。

私のぱるるを見る顔、幸せそうでしょ(笑)

個人的なアイコンに使用しています。