ぱるるとチャ子ちゃん

4月の末のある日。

お店に来てみると、チャ子ちゃんの動きが変。

 

後ろ足がもつれてるようになり、しっかり歩けません。

よく見ると首も傾いています。(斜頸)

 

後ろ足のもつれのような歩き方は、以前にも同じような症状が出た子がいました。

そして、その子は間もなく亡くなりました。

 

でも、今回のチャ子ちゃんは、その時の状態よりかなりマシに見えましたが、安心は出来ません。

何かがチャ子ちゃんの体の中で起こっている事が明白です。

 

たまたま定休日だったので、直ぐに病院へ連れて行きました車DASH!

 

診断は

脳障害を起こしているという事でした。

何が原因なのかは、また別の病院へ行ってCTやMRIを撮らないといけない。

でも、調べたところで治療としては症状を抑えるだけなので同じとの事。

大きな手術をするというならともかく・・・

 

CTやMRIと撮る事も猫にとっては大きな負担という事で、そのまま症状を抑えるお薬を頂いて帰りました。

 

そして、そのお薬が無くなる頃、まだ、ふらつきも首も全く治っていなかったので、再度病院へ行く事に

 

その日、お店に来ると

 

今度は、ぱるるが同じように後ろ足がちゃんと歩けない状態に

 

しかもぱるるくん、前日は全く動かず部屋から一歩も出ず、ご飯も全く食べていなかったんです。

 

慌てて2頭を病院へ車DASH!

 

道中、何か悪い感染症なのでは!?

そうだったら他の子も・・・

どうしようアセアセ

と、不安で一杯でしたあせる

 

病院へ行くと、下半身の状態は同じ感じだが、上半身の状態が違うと言われました。

 

チャ子ちゃんはただ首が傾いているだけ。

ぱるるの場合は首をフラフラ左右に動かし、目もクルクル回っていますうずまき

 

先生からは症状が違うので感染症では無いと思われるとの事。

少し安心しました。

 

でも問題なのは、ぱるるがご飯を全く食べないという事。

チャ子ちゃんは、ご飯だけはしっかり食べてくれます。

先生によるとチャ子ちゃんは糖尿病なので、それはそれで心配なのだそうですが、素人としては食べてくれるとやっぱり安心です。

 

それから毎日、点滴に通う日々

 

この時が一番心配していました。

私は全く動かないぱるるに「私のパワーを全部あげる」と言って、二人だけの儀式、額と額を重ね合ってパワーを注入雷

「あっ!全部だと他の子の世話が出来ないから、ちょっとだけね」

と言い直して注入してあげていました。

 

点滴の甲斐あってか、少しずつ元気になっていったぱるるくん。

自分からご飯を食べるようになったので、点滴もおしまい。

でも、ぱるるもチャ子ちゃんも首が傾いているのと、後ろ足のふらつきが治りません。

 

お薬が無くなる度に病院へ連れて行っていたのですが、前から後遺症として残る場合があると言われていたので、

どのくらいで後遺症と判断するのか聞いてみると

「一過性のものなら、もう治っていてもいい」

という返答。

今後もお薬を飲ませるかどうか、私が判断するんだビックリマーク

と理解しました。

 

そして、それから2~3日はお薬を飲ませていましたが、二人共一向に治る気配がありません。

 

もう二人共、そこそこ元気になっているように思えたので、お薬を止める事にしました。

これ以上治らないのなら嫌がっているのを無理に飲ませても

と、思ったのです。

 

そして、今はお客さんと遊んだり、モミモミしてくれるようになったぱるる。

(チャ子ちゃんは、以前から寝てばかりなのでてへぺろ

 

 

私のところにやって来て見せる傾いた顔が可愛くて

「可愛い~」と叫んでしまいますラブラブ

 

 

当店の斜頸といえば王子がいます。

3頭揃って斜頸トリオになちゃったウシシ

 

 

可愛いでしょウインク

 

 

元祖斜頸の王子くん。

かなりブレてますが、一番傾きが分かるので。

ぱるるとは反対向きですね~

 

 

チャ子ちゃんは、全然じっとしてくれなくて・・・えーん

なんとなく分かりますかはてなマーク

向きは王子タイプ